便秘を解消する41の法則


排便の仕組み


私たちが食べたものが便として排泄されるのは
どのような仕組みで行われるのでしょうか。
消化器官である胃腸は、胃から肛門までの長い管になっています。
→続きはこちらから


便秘の症状


便秘は停滞した便がガスを発生させて
お腹の張りや腹痛を引き起こします。
苦しいだけでなく、お腹が膨らんで美容上も好ましくありませんね。
→続きはこちらから


健康な便とは


排便の回数は人さまざまです。1日2回という人もあれば
3日に1度という人もいます。
毎日あってもスッキリ出きらなくて残便感があるという人もいるでしょう。
→続きはこちらから


便秘の悪影響


腸内に長期間便が滞留すると、腸の中で腐敗発酵が進み、悪玉菌が増殖します。
発生した毒素が血液に入り込むため、血液循環が悪くなってしまいます。
→続きはこちらから


便秘が引き起こす病気


便秘から引き起こされる病気として、大腸ガンや直腸ガンが挙げられます。
ガンは血液の汚れが原因と言われています。
便秘は、腸内環境を悪化させることで血液に毒素を送り込むのです。
→続きはこちらから


生活習慣で便秘


現代は便秘で悩む人が多くなっています。いったい何故でしょう。
便秘の原因の多くは、昔と違う現代の生活習慣にあるようです。
→続きはこちらから


食生活で便秘


現代は、食生活にも問題があります。
消化の良いもの、柔らかいものを好んで食べるなど
私たちの食事には、昔と比べて圧倒的に食物繊維が不足しているのです。
→続きはこちらから


ストレスで便秘


現代人は仕事や人間関係など、さまざまなストレスにさらされています。
ストレスも、便秘の大きな原因となります。
なぜなら腸の蠕動運動は、自律神経がコントロールしているからです。
→続きはこちらから


冷えが原因


便秘を訴える人は、冷えにも悩まされていることが多いようです。
実は、冷えも便秘を引き起こす原因なのです。
体が冷えると、内臓の温度も下がるため、胃腸の働きが悪くなります。
→続きはこちらから


酵素不足で便秘


酵素とは、私たちの体内の生命活動全てに関わる物質です。
代表的なものとして、腸内で食べ物を消化、分解してくれる消化酵素があります。
酵素がないと、食べ物の分解がうまくできず
→続きはこちらから


便秘薬の乱用で


便秘を解消しようと便秘薬に頼ると、長期間服用してしまう人が多いようです。
最初効いた薬が、だんだん便意を催さなくなり
どんどん薬の量が増えるという悪循環に陥ります。
→続きはこちらから


女性特有の原因で


便秘は圧倒的に女性に多いようです。
女性には便秘になりやすい条件が揃っているといえます。
まず、女性特有の体の仕組みがあります。
→続きはこちらから


便秘を引き起こす病気


ただの便秘と思っていたのに、実は病気が原因で便秘になっていたということもあります。
病気が原因の便秘を、器質性便秘または症候性便秘と呼んでいます。
→続きはこちらから



さまざまな便秘


便秘にはいろいろな原因やタイプがあります。
自分がどのタイプの便秘なのか見極めた上で タイプにあった対処をすることが大切です。
→続きはこちらから


急性便秘


旅行先で便秘になってしまった経験のある人は多いでしょう。
このように、環境や生活リズムが変わったり
一時的なストレスによって突然起こる便秘が急性便秘です。
→続きはこちらから


弛緩性便秘


弛緩性便秘は、腸の蠕動運動が弱まり
便を押し出す力が低下して起こります。
腸管全体が緩んで広がり、腸の内容物の通りが遅くなって
→続きはこちらから


けいれん性便秘


弛緩性便秘とは逆に、腸の蠕動運動が強まりすぎるのがけいれん性便秘です。
腸の内容物が進もうとする動きに伴わない蠕動運動によって、腸がけいれん状態になります。
→続きはこちらから


直腸性便秘


直腸性便秘は、直腸が便意を感じにくくなって起こります。
便が直腸まで届いても便意が起こらないため、便が停滞してしまいます。
そのため、太い便が何回かに分かれて出ます。
→続きはこちらから


器質性便秘


器質性便秘とは、大腸に病気があったり大腸の形状に異常があったりして
便が通りにくくなることが原因の便秘です。先天性と後天性のものがあります。
→続きはこちらから


便秘解消で美肌を取り戻す


腸は体の中で最も毒素が溜まる場所です。
私たちの体は、もともと毒素を排出できるように作られているのですが
さまざまな原因で本来のデトックス機能が衰えると、最初に表れるのが便秘です。
→続きはこちらから


便秘解消でダイエット


ダイエットを頑張っているのに、なかなか痩せないという場合があります。
こういう人は、たいてい極端に食べる量を減らしたり
激しい運動によるダイエットをしているようです。
→続きはこちらから


便秘解消で肝臓が元気に


全ての病気は血液の汚れから起こる、といわれています。
ですから血液がきれいになることは、あらゆる病気の予防になるのです。
逆にいうと、便秘は全ての病気の第一歩ということです。
→続きはこちらから


解消で免疫力アップ


腸管には免疫細胞が集中しており、腸は最大の免疫器官となっています。
滞った便によって腸が悪玉菌に支配されるようになると
免疫システムが正常に働かなくなります。
→続きはこちらから



生活リズムの見直しで解消


便秘は生活習慣の影響も大きいということから
毎日の心がけ次第で便秘を改善することが期待できます。
→続きはこちらから


ストレスの発散で解消


ストレスは自律神経の働きを悪くします。
そのため、腸の蠕動運動が正常に機能しなくなり
特にけいれん性便秘を引き起こします。
→続きはこちらから


食物繊維が豊富な食事


食物繊維は便の量を増やすでけでなく
腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を良好にします。
このため、排便促進には非常に有効です。
→続きはこちらから


酵素が豊富な食事


また、便秘には酵素不足も大きな問題です。
食べ物を消化吸収するには、酵素の働きが欠かせません。
加熱しない生の食べ物や発酵食品を毎日の食事に取り入れること
→続きはこちらから


過度な水分はダメ


適度な量と硬さの便を作るには、水分も必要です。むくむのが嫌だったりトイレに行く回数を気にして、水分を控える女性もよく見られます。しかし、水分が足りない食べ物が大腸に入ると、さらに水分が吸収されて便が硬くなってしまいます。
→続きはこちらから


乳酸菌のチカラ


乳酸飲料やヨーグルトは女性にも人気です。乳酸菌はなぜ便秘に効くのでしょうか。
乳酸菌が腸内で増殖する時に、乳酸や酢酸などが発生します。
→続きはこちらから


運動で解消


ウォーキングや自転車こぎは、便秘解消に良い運動です。
なぜなら、酸素を体内に取り入れながら長時間行う運動は
副交感神経を高める効果があるからです。
→続きはこちらから


便秘解消のツボ&マッサージ


鍼灸治療院で便秘が改善したという人も多いようです。
便秘のタイプを見分け、症状や体質に合わせた治療によって
大腸が正常に働くようになるのです。
→続きはこちらから


ヨガで解消


ヨガには、リラックス効果によって
自律神経やホルモンバランスを整える効果があります。
また、筋肉を柔軟に強くし内臓を刺激しますので、便秘に効果的です。
→続きはこちらから


冷えの改善


冷えの改善
冷え性の人に便秘が多いことからも分るように
体が冷えると便秘になりやすくなります。
冷えによる胃腸機能の低下や筋力の衰え、体内酵素の不活性から
→続きはこちらから


酵素飲料で解消


酵素の豊富な食べ物を摂ることで、便秘の予防や解消に繋がります。
さらに積極的に便秘に働きかけるなら、酵素飲料の活用もオススメです。
→続きはこちらから


便秘茶


ネットで検索すると、便秘に効くお茶の種類や数は驚くほどです。
それだけ便秘に悩む人が多く
また便秘薬で辛い思いをした人が多いということなのでしょう。
→続きはこちらから


サプリメントで解消


忙しい人にはサプリメントが手軽ですね。
便秘解消のためのサプリメントとしては
オリゴ糖、食物繊維、乳酸菌、酵素などがあります。
→続きはこちらから


腸と免疫力


腸管免疫という言葉をご存知でしょうか。
私たちの体には、侵入してくる病原菌や有害物質から
体を守るための免疫システムが本来備わっています。
→続きはこちらから


善玉菌を増やす


口から乳酸菌を入れても
そのほとんどが胃酸や胆汁によって死滅すると言われています。
そこで、胃酸で死なない乳酸菌が開発されたり
→続きはこちらから


Share on Facebook