女性特有の原因

2012-12-10



便秘は圧倒的に女性に多いようです。
女性には便秘になりやすい条件が揃っているといえます。
まず、女性特有の体の仕組みがあります。
生理が近づくと便秘になりやすくなるのは
誰しもが経験しているのではないでしょうか。
実はこれは、女性ホルモンの黄体ホルモンのせいなのです。

黄体ホルモンには、大腸の蠕動運動を抑制する作用があります。
生理周期の中で、排卵から月経が始まるまでの間は
黄体ホルモンが盛んに分泌されます。
ですので、この期間便秘になりやすいのです。

また妊娠するとやはり、黄体ホルモンの分泌が活発になります。
それにお腹が大きくなると腸が圧迫され、運動不足も手伝って、便秘がちになります。
出産後には、腹筋が伸びてしまっているため胃腸が下垂気味になり
やはり便秘を引き起こすことになります。

もともと女性は男性よりも筋肉が少なく、腹筋や大腸の活動が弱いのも
便秘の原因の一つです。
ほかにもダイエットによって、食事の量を制限すると
便の量が少なくなって便秘を招きやすいのです。


Share on Facebook