弛緩性便秘

2012-12-10



弛緩性便秘は、腸の蠕動運動が弱まり
便を押し出す力が低下して起こります。
腸管全体が緩んで広がり、腸の内容物の通りが遅くなって
腸内に留まる時間が長くなります。
このため、便が太くて硬くなります。便秘の中で最も多いタイプです。

女性に多いことから分るように、腹筋が弱い人や高齢者に多く見られます。
内臓が下垂気味の人、便秘薬や下剤を常用している人
食事量が少ない人やお産が多い女性にも起こりやすくなります。

便秘薬や下剤を長期間使用していると、次第に腸が刺激に慣れてきます。
やがて強い刺激を与えないと効かなくなり、正常な蠕動運動ができなくなるのです。
腹筋や体力をつけたり、腸内環境を整えることで、排便を促すようにしましょう。


Share on Facebook