けいれん性便秘

2012-12-10



弛緩性便秘とは逆に、腸の蠕動運動が強まりすぎるのがけいれん性便秘です。
腸の内容物が進もうとする動きに伴わない蠕動運動によって、腸がけいれん状態になります。
そのため腸にくびれができ、狭くなった部分で便が通りにくくなります。

食事の後などによく起こり、便意は強いのに便が出ないため、腹痛を伴います。
ウサギの糞のような、コロコロした硬い便が少し排泄されます。
排便後も残便感があります。
若い年代の人に多い便秘で、特徴的なのは腹痛が排便後には解消することです。

けいれん性便秘は、過敏性腸症候群の症状の一つでもあります。
便秘と下痢を繰り返したり、慢性的な腹痛もあります。
精神的なものやストレスで起こることが多いため、精神面の治療も必要になります。


Share on Facebook