直腸性便秘

2012-12-10



直腸性便秘は、直腸が便意を感じにくくなって起こります。
便が直腸まで届いても便意が起こらないため、便が停滞してしまいます。
そのため、太い便が何回かに分かれて出ます。
最初に硬い便が出た後、一気に柔らかい便が排泄される場合もあります。

現代は、忙しくて排便のタイミングを逃してしまったり、便意を我慢することが多いようです。
このような生活を続けていると、排便のシグナルが脳に送られなくなり
次第に便意を感じなくなります。

一説に、直腸性便秘の原因の一つに、骨盤底筋の緊張があると言われています。
普通排便する時に緩む骨盤底筋が緊張して、排便がスムーズに行われないのだそうです。

直腸性便秘の場合、食物繊維の摂取や便秘薬はかえって直腸に負担をかけます。
便秘を悪化させることがあるので、注意が必要です。


Share on Facebook