肝臓が元気に

2012-12-10



全ての病気は血液の汚れから起こる、といわれています。
ですから血液がきれいになることは、あらゆる病気の予防になるのです。
逆にいうと、便秘は全ての病気の第一歩ということです。

特に血液の汚れは、肝臓にとって大きな負担になります。
肝臓は外から入ってくる有害物質や、体内で発生した老廃物などの毒素を排泄する
解毒器官だからです。
血液が毒素で一杯ですと、肝臓は日夜休みなく働き続けなければなりません。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、倒れるまで黙々と仕事をします。
調子が悪いと気づいた時には、もう手遅れということも少なくありません。
肝心要(かんじんかなめ)というように、私たちにとってとても大切な臓器なのです。

便秘が解消されて血液がきれいになると、最も喜ぶのは肝臓でしょう。
元気な肝臓は、美容と健康の源です。
健康な肝臓は、お肌もピンク色にしてくれるようですよ。


Share on Facebook