生活リズムを見直す

2012-12-10



便秘は生活習慣の影響も大きいということから
毎日の心がけ次第で便秘を改善することが期待できます。

排便リズムをとるために、食事や睡眠など規則正しい生活が大事です。
決まった時間に食事をし、決まった時間に寝る・起きるようにすると
胃腸が働く時間と休む時間を記憶して機能が活発になります。

朝は排便の絶好のチャンスです。
しっかり朝食を摂ること、便意を我慢しないことは
正常な排便リズムのために特に重要です。
胃腸を休めるためにも、夕食は就寝の2、3時間前には済ませましょう。

また適度な運動も必要です。
筋力低下も便秘も原因です。積極的に腹筋を鍛える運動やジョギングもいいですが
日常の生活の中で下半身を中心にこまめに体を動かしたり
歩く機会を増やすだけでも便秘解消の効果が期待できます。

自律神経を安定させるために、リラックスタイムをとりましょう。
腸の動きが活発になるのは、リラックスして副交感神経が働いている時です。
入浴を有効に利用すると、副交感神経を優位にしやすくなります。


Share on Facebook