ツボ・マッサージ

2012-12-10



鍼灸治療院で便秘が改善したという人も多いようです。
便秘のタイプを見分け、症状や体質に合わせた治療によって
大腸が正常に働くようになるのです。
簡単な指圧やマッサージは、自分でもできます。
実践して便秘がひどくならないうちに解消しましょう。

まず仰向けに寝て、脚を伸ばします。
この時腰に枕などを入れると、お腹が伸びて効果的です。
おへそ周りを、両手で時計回りに30回マッサージします。
大腸の便の流れに沿った刺激で、便意を招きやすくなります。

背骨の腰部には、大腸愈(だいちょうゆ)という大腸を刺激するツボがあります。
両手を腰に当てて、腰部の背骨の横を親指でゆっくり押します。
息を吐きながら押すと効果的です。

また、脚の膝の外側を指4本分下がった所に
足三里(あしさんり)というツボがあります。
このツボは、弛緩性便秘に効果的です。

手には、内関(ないかん)というツボがあります。
手首の内側中央から上へ指3本分の所にあります。
ストレスを緩和し、けいれん性便秘に有効です。
また、手の表側の親指と人差し指の付け根にある合谷(ごうこく)は
直腸性便秘に効果があります。


Share on Facebook