冷えの改善

2012-12-10



冷え性の人に便秘が多いことからも分るように
体が冷えると便秘になりやすくなります。
冷えによる胃腸機能の低下や筋力の衰え、体内酵素の不活性から
食べ物の消化や排泄能力が悪くなり便秘しやすくなるのです。

便秘解消法として、朝冷たい水や牛乳を飲む方法がありますが
冷え性の人が毎日やると、冷えを助長して便秘を悪化させることがあります。
また、冷え性の人が水分補給をする場合は、温かい飲み物にしましょう。

陰性食品の野菜を多量に摂ることも、冷えをひどくします。
パイナップルやバナナなどの南国産の果物は、体を冷やします。
冷え性の人は、体を温める陽性食品の野菜、たとえばニンジン・ゴボウなどの根菜類や
カボチャ、タマネギなどを摂りましょう。

積極的に体を温める対策としては、今人気のショウガ紅茶も良い方法です。
ショウガにはショウガオールという体を温める成分がありますので
毎日の食事に取り入れるといいですね。

体を芯から温めるには、半身浴や足湯が最適です。
また、ウォーキングやホットヨガで体を動かす、リンパマッサージで水分代謝を良くする
使い捨てカイロや腹巻きでお腹を温めるのも効果的です。


Share on Facebook