腸と免疫

2012-12-10



腸管免疫という言葉をご存知でしょうか。
私たちの体には、侵入してくる病原菌や有害物質から
体を守るための免疫システムが本来備わっています。
その免疫全体の60パーセントが腸管に集まっているのです。

口から肛門までの消化管は、実は体の内部ではなく、空洞になって外と繋がっています。
腸壁はヒダ状になっており、その絨毛にはリンパ細胞という免疫細胞があります。

腸管の面積は広げるとテニスコート1面分になり
ここに免疫細胞がびっしりと敷き詰められているのです。
ですので、腸は最大の免疫器官と言われています。
しかも、腸内に住み着いている善玉菌が、免疫の活性化に深く関わっているのです。

さまざまな病気から身を守るには、免疫力を高めるのが一番です。
腸内の汚れを取り除き、善玉菌を増やして腸内免疫を活性化しましょう。
その第一歩は、もちろん便秘を解消することですね。


Share on Facebook