善玉菌を増やす

2012-12-10



口から乳酸菌を入れても
そのほとんどが胃酸や胆汁によって死滅すると言われています。
そこで、胃酸で死なない乳酸菌が開発されたり
カプセルコーティングなどされていますが
それでも問題があるようです。

実は、腸内には既に住み着いている定住菌というものがあります。
定住菌には乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌と
大腸菌やウェルシュ球菌などの悪玉菌、どっちつかずの日和見菌があります。

定住菌の乳酸菌は、外から入ってきた新参者の乳酸菌と勢力争いを起こしてしまいます
。乳酸菌同士の戦いは、どちらが勝っても力は弱まります。
そうすると悪玉菌がここぞとばかりに、勢力を拡大することになります。

そこで、乳酸菌やビフィズス菌そのものを入れるのでなく
定住菌の善玉菌を元気にして増やすエサを入れればいいのではないか
という考えが生まれました。
エサですので、胃酸の影響を受けることなく腸に届けることができます。
また、定住菌と勢力争いを起こすこともありません。
動物実験では、腸内の乳酸菌が15倍に増えたそうです。


Share on Facebook