便秘が引き起こす病気

2012-12-10



便秘から引き起こされる病気として、大腸ガンや直腸ガンが挙げられます。
ガンは血液の汚れが原因と言われています。
便秘は、腸内環境を悪化させることで血液に毒素を送り込むのです。

また停滞した便は腐敗発酵して、ガスとともに活性酸素も発生させます。
活性酸素は腸内に炎症を起こしたり、細胞を傷つけガン化させてしまいます。

免疫力も低下することから、ガンを発生させやすい体になってしまいます。
そのため大腸だけでなく、全身のガンにも繋がる可能性があります。
免疫力の低下は、風邪をひきやすくなったり、アレルギー性疾患にも繋がっていきます。

血液の汚れは、あらゆる病気を招く危険性があります。
特に、解毒作用を受け持っている肝臓の疾患に繋がりやすくなります。

便秘で排便時に絶えずりきんでいると、痔になる人も多いようです。
直腸の内膜が肛門から飛び出して、直腸脱を起こしたり
便秘で血圧の高い人は、トイレで脳卒中を起こす危険もあります。


Share on Facebook