美白美人を目指せ37の法則


美白を考えるなら


「色の白いは七難隠す」といいます。
それほど白い肌は、美しい女性の必須要件なのですね。
よく「抜けるように白い肌」という表現をしますが
→続きはこちらから


メラニン生成の段階


美白の大敵、黒いメラニン。メラニンが作られるには段階があります。
紫外線が肌に当たると
情報伝達物質のメラノサイト刺激ホルモン(エンドセリンなど)が発生します。
→続きはこちらから


色素沈着


白い肌を手に入れるには
シミやくすみの予防・解消を考えなければなりません。
シミもくすみも肌を黒くするものですが
→続きはこちらから


新陳代謝の低下でくすみ


メラニン色素が作られても新陳代謝が正常であれば
肌のターンオーバーによってメラニンは排泄され
色素沈着することはありません。
→続きはこちらから


血液循環の悪化


シミやくすみの解消はもちろん
白く透明感のある肌を手に入れるためには
血行がいいことが必須です。
→続きはこちらから


ホルモンバランス


女性ホルモンには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と
卵胞ホルモン(エストロゲン)があって、それぞれバランスをとっています。
黄体ホルモンには、メラニン色素を増やす作用があります。
→続きはこちらから


皮脂の酸化


肌表面の皮脂汚れが、シミやくすみを引き起こすことがあります。
過剰に皮脂が分泌されたり、クレンジングや洗顔が不完全で
残留した脂肪が酸化して過酸化脂質となります。
→続きはこちらから


乾燥でしみ・くすみ


肌がくすんで見える原因に、乾燥があります。肌表面の角質細胞は、レンガのように層状に重なって角質層を形成しています。潤っている時の角質は柔らかく透明感があります。しかし乾燥してくると、角質は透明感を失い、カサカサの落ち葉のようになります。キメが乱れてその凹凸部分に影ができて、くすんで見えるようになるのです。
→続きはこちらから


毛穴の汚れ


黒い毛穴の汚れが原因で、肌全体が黒くくすんで見える場合があります。
特に多い箇所は、皮脂分泌が多い額や頬
小鼻の脇などで、ここの毛穴が開いて皮脂や汚れが詰まり、黒ずんでしまうのです。
→続きはこちらから



紫外線対策


肌の色が黒く見えるのは、ほとんどがメラニン色素のせいです。
ですから美白には、メラニンを作らせないことと
できたメラニンを除去することの二つがまず必要になります。
→続きはこちらから


UVカット成分


UVカット表示のSPFは紫外線のB波を、PAはA波を防ぎます。
紫外線カット率を示すSPF値ですが、高ければいいというわけではなく
低いものでもこまめに塗り替えるほうが効果的です。
→続きはこちらから


生活紫外線の防止


晴れていても曇っていても、紫外線は地上に降り注いでいます。
特にA波は、屋内にいても肌に届き、紫外線の記憶を残します。
これが長年肌細胞に作用して、肌にダメージを与え続けるのです。
これが光老化といわれる細胞の老化です。
→続きはこちらから


色素沈着させない生活習慣


うっかり紫外線を浴びてメラニンができたとしても
肌のターンオーバーが正常に行われていればメラニンは排出されていきます。
美白の次の対策は、肌の再生力を衰えさせないことです。
→続きはこちらから


体の内側から美白


女性の肌に大きな影響を与えるものに、女性ホルモンがあります。
黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)のうち
黄体ホルモンが優位になるとメラニンが増加します。
→続きはこちらから


美白にいい食事


肌を作るのは、毎日の食事で摂る栄養素です。
意識的に摂りたい食品は
細胞のもとになるたんぱく質の肉や魚や豆類
→続きはこちらから


続々登場する美白成分


最近の美白化粧品は、メラニンに効果的に作用する美白成分を配合した
優秀なものがたくさん出回っています。
続々登場する新しい美白成分は、女性の美白に対する強い思いを受け止めて
→続きはこちらから


美白成分1


美白成分の多くは、メラニン生成に関わるチロシナーゼ酵素の働きを抑制する作用で
美白効果を発揮します。
美白成分として比較的古くから知られるアルブチン
→続きはこちらから


美白成分2


抗酸化やコラーゲン生成でお馴染みのビタミンCは
肌への浸透性が高いビタミンC誘導体や浸透型ビタミンCとして配合されています。
強力な美白力の反面、不安定さや安全性が問題だったハイドロキノンは
→続きはこちらから


美白成分3


最近話題の美白化粧品に配合されているのが
カモミラETという美白成分です。
メラノサイト刺激ホルモンのエンドセリンと
→続きはこちらから



乾燥させてはいけない


乾燥した肌は、くすんで見えます。
白く透明感のある肌には、潤いが必要なのです。
美白の決め手は保湿といっていいかもしれません。
→続きはこちらから


保湿化粧品


肌の角質層が潤ってはじめて、さまざまな美容成分が有効に働きます。
ですから、どんな目的のスキンケア化粧品であっても
保湿成分が必ず配合されています。
→続きはこちらから


一皮むけたお肌に


洗顔・化粧水・クリームの一連のスキンケアに
ホームピーリングやパック、マッサージを加えることも美白に効果的です。
ホームピーリングやパックの後は、肌のゴワツキが取れ、ワントーン明るい色になります。
→続きはこちらから


皮脂を酸化させない


健康な肌では、皮脂膜が表面を覆って皮膚の潤いを守っています。
しかし、過剰な皮脂や古い皮脂は酸化して刺激性の過酸化脂質となり
肌を黒くする原因になります。
→続きはこちらから


毛穴を引き締める


毛穴の開きも肌を黒ずませます。肌の張りが失われてくる30歳過ぎあたりから
毛穴の開きが目立ってきます。
弾力不足から起こる毛穴の開きには、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどを
→続きはこちらから


サプリメントで美白


抗酸化の高いビタミンEやC、ポリフェノール類、コエンザイムQ10
アスタキサンチン、L-システインは、美白に効果的なサプリメントです。
最近は、αリポ酸の2倍の吸収力があるというRリポイック酸
→続きはこちらから


美容外科で美白


スキンケアや生活改善で美白を頑張るより
即効性が欲しいという場合は、医療機関での美白施術もあります。
薬による治療では、ハイドロキノンやルミキシルがあります
→続きはこちらから


美白成分とは


女性の美白にかける情熱の後押しで
各化粧品メーカーでは美白成分の研究開発に力を入れてきました。
その結果、新たな美白効果の高い成分が続々と登場してきています。
→続きはこちらから


厚労省認可の美白成分1


アルブチン
コケモモやウワウルシ、ナシなどから抽出され
チロシナーゼ酵素に作用して、メラニンの生成を抑制します
→続きはこちらから


厚労省認可の美白成分2


ビタミンC誘導体
強力な抗酸化力で活性酸素を除去し
メラニンが作られるのを抑制します。
→続きはこちらから


厚労省認可の美白成分3


プラセンタエキス
主に豚の胎盤から抽出された成分です。
細胞増殖因子を多種含んでおり、肌のターンオーバーを促進して
→続きはこちらから



その他の美白成分1


厚生労働省の認可を受けていなくても
一般化粧品として美白効果の高い成分もたくさんあります。
新安定型ハイドロキノン
→続きはこちらから


その他の美白成分2


シムホワイト377
シムホワイト377の美白力は、コウジ酸の20倍以上といわれています。
また抗酸化力も高く、できてしまったシミを薄くする作用もあるといいます。
→続きはこちらから


その他の美白成分3


4MSK(4−メトキシサリチル酸カリウム塩) メラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑えたり
ターンオーバーを活性化してメラニンの排泄を促進します。
→続きはこちらから


その他の美白成分4


葡萄ポリフェノール フランスの葡萄から抽出される成分で、レスベラトロールという名前で
今大変注目されています。チロシナーゼの活性を阻害し、メラニン生成を抑制します。
→続きはこちらから


セリシン


人気の美白成分セリシンとは、蚕の繭からできるシルク(絹)の重要な成分です。
製糸工場や絹織物工場で働く女性の手が美しかったことは
有名な話です。最近は繭玉マッサージが、肌を美しくすることで人気を集めています。
→続きはこちらから


プラチナナノコロイド


メラニン色素が作られるのは
紫外線によって発生する活性酸素のせいです。
このため、美白のためには、活性酸素を除去することが大切なわけですね。


紫外線の功罪


紫外線でメラニンができるのは
私たちの体の免疫システムが働くからです。
紫外線は細胞のDNAを傷つけ
→続きはこちらから

Share on Facebook