美白成分:その1

2012-12-11



美白成分の多くは、メラニン生成に関わるチロシナーゼ酵素の働きを抑制する作用で
美白効果を発揮します。
美白成分として比較的古くから知られるアルブチン
またエラグ酸やグラブリジン(油溶性甘草エキス)も
チロシナーゼ酵素を阻害してメラニン生成を抑制します。

新しいものでは、ルミキシルという美白成分があります。
10種類のアミノ酸がチロシナーゼを阻害して、美白効果を発揮するといいます。
コウジ酸の美白作用は
チロシナーゼとチロシンの両方を阻害することによって発揮されます。

また、チロシナーゼに働きかけるのは同じですが
チロシナーゼを分解して量を減少させ、メラニンを作らせないというのが
リノール酸Sという美白成分です。
ほかに、ハイドロキノンは漂白によって美白する成分です。

Share on Facebook