美白成分:その2

2012-12-11



抗酸化やコラーゲン生成でお馴染みのビタミンCは
肌への浸透性が高いビタミンC誘導体や浸透型ビタミンCとして配合されています。
強力な美白力の反面、不安定さや安全性が問題だったハイドロキノンは
新安定型ハイドロキノンが開発されました。

ハイドロキノンと似た構造のルシノール
半永久的な抗酸化力をもつプラチナナノコロイド、天然保湿因子セリンを含むセリシン
抗酸化とターンオーバー促進のレスベラトロール(葡萄ポリフェノール)やフラーレン
抗酸化のほかに漂白力もあるシムホワイト377
複合型美白成分のピュールブランなども開発され
それぞれ人気の美白化粧品に配合されています。

生薬成分の美白化粧品では、保湿や肌のターンオーバーを促進し
美白をする11種類の和漢植物配合の美白化粧品も根強い人気です。
漢方医学の考えに基づき、保湿効果の高いメロスリアエキス
ターンオーバーを促すハトムギエキス、血行を促進するトウキエキスといった
古くから馴染みのある植物成分で、美白効果を発揮しています。

Share on Facebook