メラニン生成の段階

2012-12-11



美白の大敵、黒いメラニン。メラニンが作られるには段階があります。
紫外線が肌に当たると
情報伝達物質のメラノサイト刺激ホルモン(エンドセリンなど)が発生します。
そして、メラニンを作るようメラノサイトに指令を出します。
この指令を受けると、メラノサイト内でチロシナーゼ酵素が活性化し
チロシンというアミノ酸と結合(酸化)してメラニンを作り出します。

そこで、美白の基本は、以下の4点になります。
1.メラノサイト刺激ホルモンを阻害する
2.チロシナーゼ酵素を阻害する
3.チロシンを阻害する
4.できたメラニンを漂白する

2のチロシナーゼを阻害する方法は
さらにチロシナーゼの活性を抑える方法と
チロシナーゼを分解して量を減少させる方法があります。
各種開発されている美白成分は
メラニンが生成されるこれらの段階の1つ、または複数をブロックする働きがあるものです。

Share on Facebook