乾燥させない

2012-12-11



乾燥した肌は、くすんで見えます。
白く透明感のある肌には、潤いが必要なのです。
美白の決め手は保湿といっていいかもしれません。
肌を乾燥から守るには、外気の乾燥対策や食生活、睡眠なども大切ですが
一番重要なのは正しい洗顔と十分な保湿です。

洗顔の役目は、化粧品や皮脂汚れ
古い角質を洗い落とすことです。
洗浄力の強い洗顔料は、汚れと一緒に皮脂も洗い落としてしまいます。
また、ゴシゴシ洗っては、残すべき角質までムリに剥がしてしまい
かえって角質を厚くしてしまいます。
厚くなった角質は、硬く透明感がなくなります。

洗顔は、たっぷりの泡で肌を包み込むように優しく洗ったら
ぬるま湯で十分洗い流しましょう。ぬるま湯を使うのは
熱いお湯だと皮脂を溶かして落としてしまうから
冷たい水では毛穴が閉じて中の汚れを落としにくくなるからです。

洗顔の水分をタオルで優しく拭き取った後
化粧水をたっぷりつけて水分補給をします。
化粧水が十分肌に浸透したら、乳液やクリームをつけます。
化粧水で皮膚に浸み込んだ水分を
乳液やクリームの油分で蓋をして逃さないようにするのです。


Share on Facebook