保湿化粧品

2012-12-11



肌の角質層が潤ってはじめて、さまざまな美容成分が有効に働きます。
ですから、どんな目的のスキンケア化粧品であっても
保湿成分が必ず配合されています。
特に乾燥肌の人の美白には、たっぷりの保湿が重要です。

保湿成分の代表格は、コラーゲンやヒアルロン酸です。
どちらも本来肌にある成分ですので、肌馴染みがよく高い保湿力があります。

同じく重要な保湿成分のセラミドは
角質細胞どうしの間にあって、肌の保湿の要となっている成分です。
角質層の乱れた乾燥肌は、このセラミドが失われています。
数種類あるセラミドの中で、ヒト型セラミドが最も親和性が高いといわれています。

最近注目の保湿成分に、リピジュアがあります。
細胞膜を構成するリン脂質をもとに合成されたもので
ヒアルロン酸の2倍の保湿力があり、医薬品や人工臓器にも使用されています。

また、肌には天然保湿因子(NMF)があって
水分を保持しています。NMF配合の化粧品も多くなっています。
ほかに、女性ホルモン様作用で潤い効果のある大豆イソフラボンや
古くからある保湿成分に尿素もあります。

Share on Facebook