皮脂を酸化させない

2012-12-11



健康な肌では、皮脂膜が表面を覆って皮膚の潤いを守っています。
しかし、過剰な皮脂や古い皮脂は酸化して刺激性の過酸化脂質となり
肌を黒くする原因になります。

そこで、洗顔料選びが非常に重要になってきます。
皮膚の汚れは、化粧品や埃、老廃物、細菌、汗、酸化した皮脂などです。
洗顔に求められるものは、適度の洗浄力でこれらの汚れを落とし
皮脂膜に近い成分を肌に残すことです。
皮脂膜の組成は、遊離脂肪酸
トリグリセリド、モノ・ジグリセリド、スクワレン、ロウエステルです。
これと近い組成のホホバオイルやアボカドオイル、スクワランは
皮脂や過酸化脂質を溶かして落としてくれ、なおかつ皮脂膜の代わりにもなります。
洗顔料にはこれらの成分が配合されているものがいいでしょう。

特にオイリー肌の人は
過剰な皮脂を効果的に取ってくれる洗顔料や
保湿もしつつ皮脂分泌を抑えるスキンケア化粧品を選びましょう。


Share on Facebook