美容外科で美白

2012-12-11



スキンケアや生活改善で美白を頑張るより
即効性が欲しいという場合は、医療機関での美白施術もあります。
薬による治療では、ハイドロキノンやルミキシルがあります。
プラセンタ注射や高濃度ビタミンCの点滴などもできます。

レーザー治療はピンポイントのシミに適しています。
顔全体のくすみなどには、フォトフェイシャルのように広範囲に光を照射できる施術がいいでしょう。
また、赤外線と高周波エネルギーを組み合わせたEライトという施術もあります。

いずれもダウンタイムや治療回数、効果の程度など、メリットデメリットがありますので
よく検討の上で受けることが大切です。

プラセンタ注射やビタミンC点滴は、これら美白成分を注射針で体に取り込む方法ですが
イオン導入で顔の皮膚から浸透させることもできます。通常であれば水溶性で浸透性の低い成分も
イオン化することで
化粧品やサプリメントより30〜100倍浸透力が高まるのです。
家庭用のイオン導入美顔器でも行えます。

Share on Facebook