美白成分とは

2012-12-11



女性の美白にかける情熱の後押しで
各化粧品メーカーでは美白成分の研究開発に力を入れてきました。
その結果、新たな美白効果の高い成分が続々と登場してきています。

これらの美白成分は、皮膚を美しく健やかに保つ成分として
一般化粧品に配合することができます。
しかし、美白をうたう美白化粧品として販売するには
肌に美白という改善効果をもたらす
化粧品にはない有用性を証明しなければなりません。

そのためには、医薬部外品として厚生労働省の認可が必要です。
しかも、決められた分量を配合しなければなりません。
いわゆる美白成分といわれるものは数多くありますが
厚生労働省の認可を受けた成分としては、2011年2月22日現在で9種類のみです。

ちなみに美白成分とは、漂白して白くするのではなく
メラニンの生成を抑制してシミやくすみを防ぐという考えが一般的です。

Share on Facebook