厚生労働省認可の美白成分:その2

2012-12-11



ビタミンC誘導体
強力な抗酸化力で活性酸素を除去し
メラニンが作られるのを抑制します。
また、できたメラニンを薄くする漂白作用もあります。
本来ビタミンCは親水性のため
肌の浸透性が低いという難点がありました。
そこで、ビタミンCを皮膚に浸透しやすい形にした
ビタミンC誘導体が作られたのです。
ビタミンC誘導体は、皮膚に入ってから酵素の作用によってビタミンCとなり
効果を発揮します。
さらに浸透性を高めた浸透型ビタミンCも登場しています。

カモミラET
薬草のカモミールに含まれる成分で、美白だけでなく
保湿・消炎・血行促進効果があって、美肌に効果的な成分です。
メラノサイトに指令を出す刺激ホルモンのエンドセリンを抑制し
メラノサイトの働きを阻害します。
紫外線を浴びすぎるとエンドセリンが過剰に作られ
残ったエンドセリンは
紫外線を浴びなくてもメラノサイトを刺激し続けてメラニンを作るのです。
カモミラETは、エンドリセンが紫外線の情報伝達するのを抑えますので
今のメラニンも、今後できるメラニンもブロックすることができるわけです。

Share on Facebook