厚生労働省認可の美白成分:その3

2012-12-11



プラセンタエキス
主に豚の胎盤から抽出された成分です。
細胞増殖因子を多種含んでおり、肌のターンオーバーを促進して
メラニン色素を速やかに排出します。アンチエイジングに人気の高い成分です。

t-シクロアミノ酸誘導体(t-AMCHA)
大豆や卵黄から抽出されるリン脂質で
メラノサイトヘの情報伝達物質であるプロスタグランジンの生成を抑制して
メラニン生成を阻害します。

トラネキサム酸
歯磨き剤などに配合される抗炎症剤として有名な成分です。 t-シクロアミノ酸誘導体と同様に、プロスタグランジンを抑制して
メラニン生成を阻害します。肝斑に有効といわれています。

リノール酸(リノレックス)・リノール酸S 紅花油から抽出される成分で、肌への浸透性が高いことが特徴です。
浸透性が高すぎて
メラニンが作られる表皮を通り越して真皮まで到達してしまうことが問題でした。
そこで、浸透性をコントロールして
表皮に留まってメラノサイトに作用するようにしたのが
リノール酸Sです。
チロシナーゼの分解を促進してチロシナーゼを減少させ
メラニンを作らせません。特に肝斑に有効といわれています。

Share on Facebook