その他の美白成分:その1

2012-12-11



厚生労働省の認可を受けていなくても
一般化粧品として美白効果の高い成分もたくさんあります。

新安定型ハイドロキノン
美白成分のほとんどが、メラニンの生成を抑えるという予防効果ですが
ハイドロキノンは漂白効果による美白成分です。
従来のハイドロキノンは、美白効果は非常に高いのですが
刺激が強かったり、酸素や光に不安定であることが難点でした。
この問題を解決して合成されたものが、新安定型ハイドロキノンです。
刺激が少なくなり、肌への浸透性も高い成分です。

フラーレン
フラーレンの抗酸化は高く、ビタミンCの125倍といわれます。
コラーゲンの生成力もプラセンタの800倍といわれ、コラーゲンの生成が活発になると
新陳代謝も活性化しますので
ターンオーバーを促進してメラニンの排泄に効果的です。

ピュールブラン
ピュールブランとは、ブドウ糖結合型ビタミンCの美白作用と
リキリチンや桑黄抽出液の保湿作用とを複合させた美白成分です。
美白成分を浸透させるには、肌が潤っている必要があるという考えから生まれました。
美白と保湿の相乗効果で、メラニンの生成を抑制し高い美白効果を発揮します。

Share on Facebook