紫外線の功罪

2012-12-11



紫外線でメラニンができるのは
私たちの体の免疫システムが働くからです。
紫外線は細胞のDNAを傷つけ
細胞が異常化して皮膚ガンを引き起こすこともあります。
そこでメラニンという黒い色素を作って
傘のようにDNAを紫外線から守ろうとするのです。

美白の大敵メラニンですが、メラニンが作られないと
私たちの体は紫外線の脅威に無防備にさらされて
大変なことになってしまいます。
また、紫外線には殺菌作用や
体内でビタミンDを合成したりと、大切な働きもあります。
とはいっても、過剰な紫外線も困りものです。

紫外線を浴び続けると
メラノサイト刺激ホルモンのエンドセリンがどんどん分泌されます。
過剰なエンドセリンは、紫外線を浴びなくなってもメラニンを作る指令を出し続けます。
ですから、一度長時間紫外線にさらされると
その弊害は後々まで残ることになるのです。

また、どんなに優秀な美白化粧品でも
美白で消すことができるメラニンの量より
紫外線でできるメラニンの量のほうが圧倒的に多いのです。
美白には何より紫外線を浴びないことが大事と言われるのは、このためです。
女性にとって紫外線は、やはり功より罪のほうが大きいようですね。

Share on Facebook