ホルモンバランス

2012-12-11



女性ホルモンには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と
卵胞ホルモン(エストロゲン)があって、それぞれバランスをとっています。
黄体ホルモンには、メラニン色素を増やす作用があります。
生理前の2週間や妊娠期には、黄体ホルモンが増加するた
どうしてもシミやくすみが現れやすくなってしまうのです。

このようにホルモン分泌が正常に行われていても
女性の体は時期によってシミができやすいものですが
さらにホルモンバランスを崩してしまう要因があります。
たとえば、長期間のストレスで常に交感神経が緊張していたり
夜型生活で交感神経と副交感神経がムリに逆転させられると
自律神経に狂いが生じてきます。

自律神経を司るのは脳の視床下部であり
ホルモン分泌を司るのは脳下垂体です。
そして、脳下垂体にホルモン分泌の指令を出すのが、視床下部なのです。
ですから、自律神経の乱れは
たやすくホルモンバランスの崩れを引き起こしてしまいます。

Share on Facebook