皮脂の酸化

2012-12-11



肌表面の皮脂汚れが、シミやくすみを引き起こすことがあります。
過剰に皮脂が分泌されたり、クレンジングや洗顔が不完全で
残留した脂肪が酸化して過酸化脂質となります。
過酸化脂質は、肌に刺激を与えて炎症を起こし、色素沈着を招きます。

スキンケアの基本は洗顔といわれますが
洗顔の役目は皮膚表面や毛穴の汚れを落とすだけではありません。
古い皮脂をしっかり落とし、肌を過酸化脂質にさらさない役目があるのです。
夜のメイク落としを十分行わないまま寝てしまうと
残った油分が眠っている間に酸化してしまいます。
また、朝の雑な洗顔で、皮脂が残ったまま紫外線に当たると
あっという間に過酸化脂質のダメージを受けてしまいますね。

皮脂はホルモンバランスの崩れで、過剰になることがあります。
皮脂の過剰はニキビの原因になることはもちろん
過酸化脂質の危険性を高め、シミやくすみをも招くことになります。


Share on Facebook