デトックスの極意47箇条


デトックスとは


最近は空前のデトックスブームです。
デトックス(detox)とは
体内から毒素や老廃物を取り除くという意味の
→続きはこちらから


デトックスの歴史


デトックスは比較的新しい健康法のように思えるかもしれません。
実は解毒という考え方は
古くは古代エジプトのハーブを用いたアロマテラピー
→続きはこちらから


有害物質のサイン


有害物質が体内に蓄積されていっても、最初は無症状です。
そのうちに何となくだるい、肩こりや頭痛がするといった
病院へ行くほどではない体調不良を感じ始めます。
→続きはこちらから


有害物質が溜まると


私たちの体内では、生命活動のためにさまざまな化学反応が行われています。
その化学反応をサポートしているのが、200種以上もの酵素や補酵素です。
体内に有害物質が溜まると、この酵素や補酵素の働きが衰えてしまうのです。
→続きはこちらから


有害物質と自律神経失調


有害物質が溜まると、自律神経にも大きな影響があると言われています。
自律神経は、内分泌システム、免疫システム、代謝システムという
重要な3つの働きの司令塔の役目を果たしています。
→続きはこちらから


デトックスの効果


体内の毒素である合成化学物質や老廃物を取り除くと
さまざまな体調不良から解放される人が多くなっています。
デトックスは体の内側からきれいになるということです。
→続きはこちらから


免疫力を高める


免疫とは、外部から入ってくる有害なものを排除する体のシステムです。
免疫力が弱いと感染症や癌などになりやすく、逆に免疫が高まりすぎると
アレルギーや自己免疫疾患を引き起こすこともあります。
→続きはこちらから


デトックスは便秘解消から


デトックスと言えば、「便秘」がまず頭に浮かぶのではないでしょうか。
そう、私たちの体の中で最も毒素が溜まるのは大腸ですね。
便が大腸に停滞すると悪玉菌がどんどん増え、毒素が発生します。
→続きはこちらから



体内に溜まる3つの毒


体内に蓄積される毒素とは、一体どういうものでしょうか。
東洋医学を参考にすると大きく3つに分類することができます。
→続きはこちらから


毒素を溜める食べ物


昔は農作物を作るのに堆肥を使用していました。
現代はほとんどが人工肥料や農薬を使用し
しかも物流の過程で鮮度を保つために保存料が必要です。
→続きはこちらから


毒素を溜める食生活


欧米型の食生活になった現代日本人は、動物性たんぱく質や脂肪の摂取が過剰になり
穀物や野菜などの食物繊維の摂取が少なくなっています
→続きはこちらから


毒素を溜める環境と習慣


食べ物だけではなく、オゾン層の破壊によって
増加している紫外線も有害物質のひとつです。
またダイオキシンや排気ガスなど大気汚染も進み
→続きはこちらから


環境ホルモン


人間が作り出した人工合成化合物の中に、環境ホルモンと呼ばれるものがあります。
生物の生殖機能など内分泌に影響を与えるホルモン作用のある物質ということです。
→続きはこちらから


経皮毒


経皮毒とは、皮膚を経由して体内に入り込む毒素のことです。
日常当たり前に使っている洗剤や化粧品などに含まれていて
私たちは無自覚のまま、これらの有害物質を取り込んでいるのが現状です。
→続きはこちらから


経皮毒の問題点


食品から入ってくる有害物質より量は少ないとはいえ
経皮毒には問題点が多くあります。
→続きはこちらから


弱者を襲う経皮毒


日用品に含まれる化学物質は
石油から作られているため油に溶けやすい性質をもっています。
また分子量が小さいため、皮膚の表面を被っている皮脂から吸収されやすいのです。
→続きはこちらから


化粧品の経皮毒


化粧品によるアレルギーや肌トラブルが最近多くなっています。
化粧品に含まれる有害物質には
発ガン物質や環境ホルモンが疑われるものもあります。
→続きはこちらから



デトックス効果のある食材


私たちの周りにはデトックス効果のある食材がたくさんあります。
デトックスには
こういった食材を毎日の食事にバランスよく取り入ることから始めてみましょう
→続きはこちらから


肝臓を強化する食材


体内に入り込んだ有害物質や老廃物などを処理してくれる重要な臓器が
肝蔵と腎臓です。
近年の大気汚染や海洋汚染、農薬、食品添加物、食生活の変化によって
→続きはこちらから


腎臓を強化する食材


腎臓は非常にデリケートな臓器で、働くためには肝臓のサポートが欠かせません。
ですから、肝臓が弱ると腎臓の機能も低下してしまいます。
→続きはこちらから


デトックス効果のあるハーブ


スパイスやハーブには、抗酸化作用や免疫強化作用があることが分っています。
食物繊維も豊富ですので、デトックス効果が期待できます。
→続きはこちらから


デトックス効果のあるスパイス


辛味などの刺激で消化液の分泌を促進するスパイスは
食べ物の消化吸収を高めることによってデトックス効果が期待できます。
→続きはこちらから


毒だしジュース


デトックスに効果的なハーブを使ったジュースを摂るのもいいでしょう。
乾燥ペパーミントにお湯を注いで、茶こしで葉っぱを取り除きます。
それにミネラルウォーターとレモン果汁
→続きはこちらから


生活リズムを見直す


最も身近なデトックスは便秘の解消です。
毒素の7割を便として排出していることからも
デトックスの大敵は便秘であることが分ります。
→続きはこちらから


効率的なサプリメント


カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、銅、亜鉛といった
「必須ミネラル」は
健康に必要であると同時に有害ミネラルを排出するために不可欠です。
→続きはこちらから


腸内洗浄


便秘が解消されても
長年腸のひだにこびりついた宿便を取り除くのは大変です。
→続きはこちらから


漢方薬について


「毒素を出してバランスを整える」ということは
東洋医学における基本的な考え方です。
この考えに基づいた、デトックスに効果的な漢方薬には以下のようなものがあります。
→続きはこちらから


民間薬草について


古くから人々の間では、体調不良の際に身近にある薬草を用いてきました。
デトックス効果の高い薬草もたくさんあります。
→続きはこちらから


断食デトックス1


断食がダイエットに効果があることはご存知のとおりです。
断食は単に痩せるだけでなく、解毒に関して非常に有効なものなのです。
その理由は、断食をすると脂肪が減少することと
→続きはこちらから


断食デトックス2


普段私たちは、食べる楽しみを謳歌しています。
激辛ブームもあいまって、刺激的な食べ物を好む傾向が強くなっています。
日常的に入ってくる刺激物によって
→続きはこちらから


酵素ドリンクでプチ断食


最近、デトックス効果が高いと言われる
「酵素プチ断食」が話題になっています。
これは、断食中に酵素飲料を摂って代謝を高め
→続きはこちらから


ゲルソン療法というデトックス方法


ゲルソンが提唱した食事療法で
栄養素をバランスよく摂取して人間本来の自然治癒力を高めようというものです。
特にガン治療に焦点を当てており、次の4点を柱としています。
→続きはこちらから


ゲルマニウム温浴


ゲルマニウムは電子工学では半導体として活用され
近年は医療の分野でも注目を集めています。
難病を治す奇跡の水「ルルドの泉」には
→続きはこちらから


岩盤浴


岩盤浴は、古代オリエンタル文明時代が発祥といわれる自然健康法です。
日本では江戸時代に秋田県玉川温泉が発祥の地と言われています。
→続きはこちらから


リンパマッサージでデトックス


静脈の役目は老廃物を運搬することですが
この老廃物が多いと静脈から溢れてしまうことがあります。
この時溢れた老廃物を回収してくれるのがリンパです。
→続きはこちらから


アーユルヴェーダでデトックス


アーユルヴェーダというと、油を額にたらすイメージが浮かぶ人も多いでしょう。
アーユルヴェーダは古代インドの伝承医学です。
神秘的なインド式の美容法、セラピーといった感じが若い女性に人気となり
→続きはこちらから


エステでデトックス


最近はエステでも、デトックスのための施術がいろいろあります。
「インディバ(高周波温熱治療)」という施術は
→続きはこちらから


キレーションでデトックス


キレートとは、カニのハサミという意味のギリシャ語です。
キレート剤が金属と結合すると
ハサミで金属をはさんだ形の分子構造になることに由来しています。
→続きはこちらから


ヨガでデトックス


ヨガの目的の一つに「不要なものをそぎ落とす」ことがあります。
そのため、さまざまあるヨガのポーズの
ほとんどがデトックス効果のあるものなのです。
→続きはこちらから



有害金属の影響


排泄されることなく体に蓄積されていく有害金属には
以下のようなものがあります。
中毒症状が進めば、死に至る可能性もあります。
→続きはこちらから


人工合成化合物の影響


大気汚染物質といった人工合成化合物には
環境ホルモンも含めて以下のようなものがあります。
→続きはこちらから


食品添加物の影響


食品添加物の種類は非常に多いのですが
中でも毒性が高く要注意なのは以下のものです。
→続きはこちらから


化粧品の有害物質1


化粧品の成分表を見ると、実にさまざまな合成化合物が含まれています。
中でも水と油を乳化させる合成界面活性剤は
化粧水、乳液、クリームなどの基礎化粧品から
→続きはこちらから


化粧品の有害物質2


保存料の安息香酸や安息香酸塩には
粘膜や皮膚障害、アレルギーや発ガン
ほとんどの化粧品に使われる防腐剤のパラベンは
→続きはこちらから


日用品の有害物質1


直鎖型アルキルベンゼンやスルホン酸ナトリウムは
洗濯洗剤に洗浄剤や合成界面活性剤として添加されています。
主婦湿疹の原因となっています。
→続きはこちらから


日用品の有害物質2


プロピレングリコール(PG)は
潤滑剤や保湿剤として
シャンプーやリンス、入浴剤、ウェットティッシュやお尻拭きに
→続きはこちらから


女性と赤ちゃんのために


市販の紙ナプキンやタンポンといった生理用品も
石油を原料とした素材で作られています。
ムレやカブレ、痒みを感じる人も多いようですが
→続きはこちらから

Share on Facebook