デトックスの歴史

2012-12-11



デトックスは比較的新しい健康法のように思えるかもしれません。
実は解毒という考え方は
古くは古代エジプトのハーブを用いたアロマテラピー
インドのアーユルヴェーダのほか中国医学にもあります。
健康を取り戻すには不要なものを取り除けばいいという考え方が
古くから世界の人々にあったのです。

近年になって1960年代にアメリカが
化学兵器の影響による被害者を救う目的で研究を始めました。
これが「デトックス」に注目が集まるきっかけになったようです。

その後、毒物が体に蓄積して害を与えるのは
化学兵器だけではないことが明らかとなりました。
そして、政財界や芸能界の著名人が健康法、美容法として実践するようになり
あっという間に広まったというわけです。

従来の健康法は、不健康なのは何らかの
栄養素が足りないためという考えに基づいていたため
「取り入れる・補う」ものでした。
現代では逆に、不健康なのは何らかの有害物質が溜まっているためであり
「取り除く・排出する」ことが重要というものに変化しているのです。


Share on Facebook