有害物質が溜まると

2012-12-11



私たちの体内では、生命活動のためにさまざまな化学反応が行われています。
その化学反応をサポートしているのが、200種以上もの酵素や補酵素です。
体内に有害物質が溜まると、この酵素や補酵素の働きが衰えてしまうのです。

たとえば脂肪分解酵素のリパーゼの働きが衰えると
脂肪が燃焼しにくくなり太りやすくなります。
疲労物質の乳酸を分解する酵素の働きが低下すると、疲れやすくなります。
食べ物の消化酵素が阻害されると
腸が汚れ排泄も栄養吸収もうまくいきません。

評判のサプリメントを摂っているのにさっぱり効果がないという人は
毒素が溜まっている可能性があります。

コエンザイムQ10でお馴染みのコエンザイムとは補酵素のことです。
有害物質が溜まるとコエンザイムが不足して肌の新陳代謝が衰えるため
シミやクスミ、シワが増えるのです。

ほかにも気分が落ち込みやすくなる
またホルモン分泌が乱れて肩こりや冷え性といった
女性には辛い症状が出やすくなります。

特にホルモン分泌は健康に大きく影響するとして
アメリカでは非常に問題視されています。
ホルモンが、ガンや生活習慣病
更年期障害に大きく関わっていることが証明されているのです。


Share on Facebook