人工合成化合物

2012-12-11



大気汚染物質といった人工合成化合物には
環境ホルモンも含めて以下のようなものがあります。

ダイオキシンは環境ホルモンで
産業廃棄物、ごみ焼却施設や化学工場の排煙から大気に撒き散らされます。
ガン、生殖器・肝臓障害を引き起こす可能性が懸念されています。

ホルムアルデヒドは
消毒剤や防腐剤のほか接着剤や塗料などに使用されています。
揮発性が高く、吸引によって目や鼻、呼吸器の炎症
呼吸困難や皮膚炎を引き起こします。
シックハウス症候群の原因物質で、子宮内膜症を起こすこともあります。

人工有機フッ素は、家具や建材、衣類のコーティング剤として使用され
分解しにくく蓄積されやすい物質です。

DDTなどの有機塩素系殺虫剤は脳に蓄積しやすく、舌が回らない
けいれんなどの症状、運動神経異常を引き起こすようになります。

ほかにも、織物には臭素系難燃剤が含まれ
プラスチック類には難燃剤としてポリ臭化ビフェニール類
消臭芳香剤には人工ムスクといった人工合成化合物が含まれています。

人工合成化合物は膨大な数にのぼります。
政府や産業界でさまざまな対応策がとられてはいますが
私たちもできる範囲で防衛をしていきたいものですね。

Share on Facebook