化粧品に含まれる有害物質・その1

2012-12-11



化粧品の成分表を見ると、実にさまざまな合成化合物が含まれています。
中でも水と油を乳化させる合成界面活性剤は
化粧水、乳液、クリームなどの基礎化粧品から
メイクアップ化粧品のほとんどに添加されているものです。

合成界面活性剤は
ポリエチレングリコール(PEG)
ステアリン酸
ステアリン酸グリセリル
ラウリルエテール硫酸塩
ラウリル硫酸ナトリウム
ステアリン酸スクロール
ラウリル硫酸塩などで
症状としては皮膚や内臓障害があり
胎児への悪影響や環境汚染が懸念されています。

次に保湿剤ですが
プロピレングリコール(PG)は皮膚障害や染色体異常の可能性があります。
トリエタノールアミン(TEA)やジエタノールアミン(DEA)には
皮膚障害やアレルギー、肝臓・腎臓障害のほかに発ガン性の可能性もあります。

酸化防止剤のジブチルヒドロキシトルエン(BHT)や
ブチルヒドロキシアニソール(BHA)は
皮膚や神経障害、アレルギー、発ガン性が
金属封鎖剤のエデト塩酸(EDTA)は皮膚障害やアレルギーの可能性があります。

Share on Facebook