日用品に含まれる有害物質・その1

2012-12-11



直鎖型アルキルベンゼンやスルホン酸ナトリウムは
洗濯洗剤に洗浄剤や合成界面活性剤として添加されています。
主婦湿疹の原因となっています。
洗濯洗剤の蛍光増白剤には、発ガン性や環境ホルモンの疑いがあります。

シャンプーや歯磨き粉に
発泡剤や界面活性剤として添加されているラウリル硫酸ナトリウムは
皮膚障害のほかに視力低下や毛髪の成長を阻害します。

食器洗い洗剤やシャンプーの洗浄剤
合成界面活性剤として添加されている
アルキルエテール硫酸エステルナトリウムは、主婦湿疹の原因物質です。

ポリエチレングリコール(PEG)は
界面活性剤のほかに保湿剤や潤滑剤として
シャンプーやマウスウォッシュなどに添加され
皮膚障害や腎臓・肝臓障害、発ガン性の可能性があります。

リンスの帯電防止剤の塩化アルキルトリメチルアンモニウムは
神経を蝕む恐れがある物質です。

Share on Facebook