女性と赤ちゃんのために

2012-12-11



市販の紙ナプキンやタンポンといった生理用品も
石油を原料とした素材で作られています。
ムレやカブレ、痒みを感じる人も多いようですが
欧米では生理用品からダイオキシンが検出されたという報告もあります。
ダイオキシンと子宮内膜症との関連性が指摘されていることから
生理用品も慎重に選びたいものです。

さらに、最近は赤ちゃん用品にも気をつけなければなりません。
赤ちゃんの皮膚は薄くて非常にデリケートなので、経皮毒に犯されやすいのです。
赤ちゃん用品に含まれている要注意の化学物質は以下のようなものです。

紙オムツの有機スズ化合物、下着や衣類、寝具の抗菌剤トリクロサ
プラスチック製のおしゃぶりやおもちゃのフタル酸エステル
ベビーローションのパラベン
入浴剤のホルムアルデヒドなどです。

表示をよく確認して、化学処理されていないもの
抗菌剤や殺菌剤が使われていないもの
プラスチック製品でなく天然素材やガラス製のものを選ぶようにしましょう。

Share on Facebook