ダイエット部が紹介する魔法の53知識


消費・摂取カロリー


ダイエットは、多くの女性の永遠のテーマです。かつて「○○ダイエット法」なるものがどれだけあったことでしょう。そして現在も、次々と新しいダイエット法が登場しています
→続きはこちらから


基礎代謝


消費エネルギーの中には、基礎代謝が含まれています。基礎代謝とは、生命維持のために最低限必要なエネルギーのことです。私たちはただ寝ているだけでも
→続きはこちらから


基礎代謝が低い人


基礎代謝には、体温維持のためのエネルギー消費も含まれています。体温が1℃下がると基礎代謝は10%以上低下するといわれています。
→続きはこちらから


脂肪節約モード


食事制限のダイエットは、「消費エネルギー>摂取エネルギー」の公式どおりだと、どんどん痩せられるはずです。
→続きはこちらから


グリコーゲンタンク


消化・吸収された食べ物の糖質は、ブドウ糖となって血液に取り込まれます。そして筋肉の運動に使われ、
→続きはこちらから


別腹ケーキ


満腹の時でも、大好きなケーキは別腹といって食べられるものです。しかし満腹状態ですから、肝臓のグリコーゲンタンクは満杯です。
→続きはこちらから


食事間隔


空腹感を感じてからといっても、食事の間隔をあけすぎるのもまた、ホメオスタシスの働きで、逆に脂肪を溜めやすくなります。
→続きはこちらから


血糖値とインシュリン


食事をして体内に糖質が入ってくると、血糖値が上がります。そうすると膵臓からインシュリンが分泌され、糖を肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えます。
→続きはこちらから



2種のストレス


ダイエット=辛い、そう思っている人は多いことでしょう。ダイエットに成功するには、「辛いダイエット」だからこそ痩せない、このことに気づく必要があります。
→続きはこちらから


ダイエットに悪いストレス


慢性的なストレスでは、アドレナリンは分泌されませんので、脂肪はあまり燃焼しません
→続きはこちらから


ストレスの更なる悪影響


慢性的ストレスはコルチゾールを大量に分泌し、それに反比例してデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)というホルモンが減少します。
→続きはこちらから


睡眠不足


食欲が抑えられなくなる理由は、睡眠不足にもあります。睡眠不足の状態では、脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンが減少します
→続きはこちらから


女性ホルモン


女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)があります。二つのホルモンは、
→続きはこちらから


脂肪細胞


脂肪を溜め込む脂肪細胞には、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類があります。簡単にいうと、褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼する働き
→続きはこちらから


遺伝子異常


褐色脂肪細胞が活発に働いてくれると、肥満は存在しなくなります。しかし、現実はそうではありません。
→続きはこちらから


ダイエット方法


ダイエットの基本は、「消費カロリー>摂取カロリー」です。ですから、ダイエットの方法を大別すると、摂取カロリーを減らすこと、消費カロリーを増やすこと
→続きはこちらから


ダイエットの心構え


効果的なダイエット、挫折しないダイエットとは、体が脂肪を燃焼しやすい状態、つまり節約モードにならない状態で行うダイエットです。
→続きはこちらから


食生活と生活習慣


○○ダイエット法が人気、と聞くと、さっそく試してみたくなりますが、その前に、食生活と生活習慣にも太る原因が潜んでいないか
→続きはこちらから


ダイエットと栄養素


ダイエットで摂取カロリーを制限すると、栄養バランスが偏りがちになります。炭水化物などの糖質や脂質はエネル
→続きはこちらから


さらなる栄養素


ダイエットを成功させるには、5大栄養素を不足させないことが大事です。さらに5大栄養素のほかにダイエッ
→続きはこちらから


ダイエットを助ける栄養素


必須アミノ酸のトリプトファンとヒスチジン、ミネラルの亜鉛には、食欲抑制効果があります。トリプトファンやヒスチジンは脳内でセロトニンや
→続きはこちらから



食べ物によるダイエット


以上の栄養素の知識を踏まえた上で、ダイエットを始めましょう。食べ物によるダイエットでは、摂取カロリーが消費カロリーより低くなり
→続きはこちらから


置き換えダイエット


従来から人気の定番のダイエットといえば、粉末や濃縮液タイプのダイエット食品を水や牛乳に溶かすなどして、通常の食事と置き換えて痩
→続きはこちらから


炭酸水ダイエット


炭酸ガス入りのいわゆるガスウォーターは、欧米では一般的な飲み物です。炭酸は、血管を拡張して血流を増やすため
→続きはこちらから


低インシュリンダイエット


食事で血液中にブドウ糖が急激に増えると、インシュリンが大量に分泌され、脂肪分解作用のあるグルカゴンを抑制します。また、大量の
→続きはこちらから


食欲コントロールダイエット


最近の研究で分かったことは、ヒスタミンに食欲抑制効果があること、そしてものを噛むとヒスタミンが増えることです。よく噛んで食
→続きはこちらから


黒酢ダイエット


黒酢や香酢の特徴は、アミノ酸とクエン酸が豊富なことです。黒酢や香酢がダイエットに効果的なのは、アミノ
→続きはこちらから


食べ物ダイエット1


ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、必須アミノ酸やビタミンB群、酵素が豊富です。また乳酸菌は腸内環境を整え便秘を防止します。
→続きはこちらから


食べ物ダイエット2


基礎代謝のもとになる筋肉を作るのは、たんぱく質です。ですからダイエット食においても、たんぱく質をしっかりとる必要があります
→続きはこちらから


運動によるダイエットと筋肉


筋肉は、その細胞の中で脂肪を燃焼します。この働きは運動時以外でも行われ、基礎代謝と呼ばれています。ですから、筋肉を増
→続きはこちらから


筋トレの重要性


運動で脂肪を燃焼させる方法には、有酸素運動と筋肉トレーニングがあります。運動によるダイエットをする場合、まずは筋肉をつけることが大切です。
→続きはこちらから


筋トレの注意点


筋トレをすると、筋肉繊維に損傷ができます。その修復には、休息時間と成長ホルモンが必要です。これ
→続きはこちらから


筋肉を鍛える


筋トレは、大きな筋肉を鍛えたほうが効率的です。上半身では大胸筋や上腕三頭筋や背中の筋肉、下半身では大腰筋、大腿四頭筋、大臀筋、そ
→続きはこちらから


ピラティス


コアマッスルまたはインナーマッスルとは、体の深奥部にある筋肉のことです。ピラティスではこれを鍛えることで、基礎代謝
→続きはこちらから


ヨガダイエット


ピラティスとヨガとの違いは、ピラティスは筋肉の強度を培うのに対し、ヨガ、特にハタ・ヨガは基本的に筋肉の柔軟性を培うものです。
→続きはこちらから


ミトコンドリアダイエット


脂肪が燃焼されるのは、筋肉の繊維細胞の中のミトコンドリアにおいてです。ミトコンドリアを増やせば、基礎代謝が上がって痩せやすい体ができるこ
→続きはこちらから


加圧トレーニング


加圧トレーニングとは、ベルトで腕や脚の付け根を締め付けて運動するものです。締め付けによって血流量が制限され、軽い負
→続きはこちらから


骨盤矯正


現代人は姿勢が悪くなって、背骨や骨盤が歪んだ人が多くなっています。特に骨盤は骨格の土台ですから、骨盤が歪むと背骨も歪
→続きはこちらから


その他の運動


水泳は消費カロリーの高い運動といわれ、平泳ぎ1時間で600kcalのエネルギー消費があり、これはウォーキングの4倍です。水圧
→続きはこちらから



有酸素運動


有酸素運動というと思う浮かぶのは、ジョギングやウォーキングですが、ほかにも自転車をこいだり、階段の上
→続きはこちらから


効果的なタイミング


運動をすると、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。有酸素運動では、これらのホルモンの分泌が始まるの
→続きはこちらから


日常生活でできる運動


交感神経が優位になるとアドレナリンが分泌され、脂肪が燃焼しやすくなります。ダラダラした生活
→続きはこちらから


機器・器具ダイエット


忙しい人や筋トレはちょっと、という人に、EMSマシンがあります。EMS(electrical muscle stimulation)の電気的刺激で筋肉を運動
→続きはこちらから


酵素ダイエット:酵素とは


私たちの体内で行われている生命活動には全て、酵素という一種のたんぱく質が関わっています。呼吸や心臓の拍動、筋肉の動き、これら
→続きはこちらから


酵素ダイエット:種類


酵素は「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」に分けられます。「消化酵素」は消化・吸収に関わっており、デンプンを分
→続きはこちらから


酵素ダイエット:理由


酵素が不足すると、栄養素の分解・吸収やエネルギー代謝が阻害され、新陳代謝が低下します。脂肪分解酵素リパーゼ一つ
→続きはこちらから


酵素ダイエット:方法


ゆっくりよく噛んで食べることは、酵素の節約になります。消化酵素は食べ物の表面にしか作用できませんか
→続きはこちらから


酵素ダイエット:プチ断食


酵素のプチ断食は、週末などの1、2日ほど、酵素ドリンクのみで過ごす方法です。断食中は食べ物が入ってこないため、消化・吸収の必
→続きはこちらから


デトックスダイエット


有害ミネラルや人工合成化合物などの有害物質は、脂肪に蓄積したり消化管に付着して、脂肪の燃焼を妨げるだけでなく、健康やダイ
→続きはこちらから


褐色脂肪細胞を活性化


脂肪は筋肉の中で燃焼されますが、もう一つ、私たちの体の中で脂肪を燃やす働きをもつのが、褐色脂肪細胞です。褐色脂肪細胞は、首や肩
→続きはこちらから


ダイエットサプリ1


ダイエットを促進するために、サプリメントを活用するのも効果的です。しかし、サプリメントはあくまでもダイエットの補助の役目をするものです。サプリメン
→続きはこちらから


ダイエットサプリ2


脂肪蓄積を抑制
ガルシニアには、食欲を抑えたり、余ったブドウ糖が脂肪として蓄積されるのを抑制する作用があるといわれています。
→続きはこちらから


ダイエットサプリ3


排泄系
代表的なものに、便秘を解消して痩せるというお茶があります。ビタミン・ミネラルや食物繊維、ポリフェノールが豊富な多種の茶葉が配合
→続きはこちらから

Share on Facebook