食生活と生活習慣

2012-12-11



○○ダイエット法が人気、と聞くと、さっそく試してみたくなりますが、その前に、食生活と生活習慣にも太る原因が潜んでいないか、見直してみましょう。これらを改善するだけで、痩せられる可能性もあるのです。

高カロリーが多い外食を控えたり、家での調理法を工夫すると、摂取カロリーを抑えることができます。また、ゆっくりよく噛んで食べると、15分ほどで脳が満腹感を感じますので、少ない食事量ですむことになります。

ダイエットのために朝食抜きをする人がいますが、食事を抜くと、体は脂肪を溜め込む態勢になります。食事は1日3食きちんと摂ることが大切です。

間食が多い人は、空腹感がないのに食べているわけですから、食べたものがそのまま脂肪になりやすくなりす。また夜遅い食事は、脂肪を蓄積しやすい時間を選んで食べていることになります。

睡眠不足は、食欲を刺激するホルモンを増加させ、逆に満腹中枢を刺激するホルモンを減少させます。またストレス発散のために、つい食べてしまう人も多いようです。ストレスを上手に解消し、睡眠をしっかり取れる生活設計をすることが必要です。

Share on Facebook