低インシュリンダイエット

2012-12-11



食事で血液中にブドウ糖が急激に増えると、インシュリンが大量に分泌され、脂肪分解作用のあるグルカゴンを抑制します。また、大量のインシュリンは血中のブドウ糖をどんどん細胞内に取り込み、その結果血糖値が一気に下がります。そうすると空腹感が起きて、また食べてしまうことに。

つまり、インシュリンの過剰は、二重に太る原因なのです。そこで、血糖値の急上昇を抑えて痩せようというのが「低インシュリンダイエット」です。食べるものは、血糖値の上がり方が緩やかな食べ物、いわゆるスローフードです。

食べ物が血糖値を上げる速度を相対的数値で表したものを、GI値(グリセミック・インデックス)といいます。GI値の低い食べ物を選んで食べたり、「食べる順番ダイエット」のように、食物繊維やGI値の低いものから先に食べて、血糖値の上昇を抑えます。

GI値の高い食べ物は、白砂糖や精白したパンや米、お菓子、麺類、イモ類など、GI値の低い食べ物は、果糖や野菜、リンゴやオレンジ、大豆製品、ヨーグルトや牛乳、卵などです。

Share on Facebook