運動によるダイエットと筋肉

2012-12-11



筋肉は、その細胞の中で脂肪を燃焼します。この働きは運動時以外でも行われ、基礎代謝と呼ばれています。ですから、筋肉を増やすと、基礎代謝が高くなるのです。基礎代謝で消費されるエネルギーは、全消費エネルギーの70%です。運動で消費されるエネルギーは20%ですから、基礎代謝を高めたほうがダイエットには格段に効率的なのです。

筋トレをすると筋肉が増えます。筋トレは、筋肉に負荷をかけて筋肉の繊維組織に小さな傷を作ります。そうするとそれを修復するために、脳下垂体から成長ホルモンが分泌され、より丈夫な筋肉が作られていくというわけです。

さらに、成長ホルモンには脂肪を分解する作用もあります。また、筋トレによって分泌されるアドレナリンは、脂肪分解酵素リパーゼを活性化します。このため、脂肪分解が進んで燃焼しやすくなります。このように、筋肉トレーニングは脂肪燃焼効果が高く、ダイエットに非常に効果的です。


Share on Facebook