筋トレの重要性

2012-12-11



運動で脂肪を燃焼させる方法には、有酸素運動と筋肉トレーニングがあります。運動によるダイエットをする場合、まずは筋肉をつけることが大切です。筋トレがダイエットに効果的なのは、筋肉がついて基礎代謝が上がることが大きいといえます。

有酸素運動や筋トレをすると、体温が上昇して交感神経が活発になります。この結果、体脂肪が分解されて遊離脂肪酸になります。しかし、この遊離脂肪酸が燃焼されるためには、筋肉の働きが必要です。

遊離脂肪酸は筋肉細胞のミトコンドリアに運ばれ、そこではじめて燃焼します。つまり、筋肉が少ない人は、脂肪が分解されても燃焼しにくいことになります。燃焼されなかった脂肪酸は、再び体脂肪となって蓄積してしまいます。

あまり筋肉がない人が、ひたすら有酸素運動を頑張っても、ダイエット効果が得られないばかりか、疲れてストレスが溜まり、逆に体脂肪が増えることになりかねません。ですから、筋トレを先に行うか、筋トレと有酸素運動を並行して行うことが大切です。

Share on Facebook