ミトコンドリアダイエット

2012-12-11



脂肪が燃焼されるのは、筋肉の繊維細胞の中のミトコンドリアにおいてです。ミトコンドリアを増やせば、基礎代謝が上がって痩せやすい体ができることになります。ミトコンドリアダイエットは、無酸素運動によって筋肉に高い負荷をかけ、筋肉のミトコンドリアを増やすというものです。

スクワットを中心に太腿筋や大臀筋、腹筋、ふくらはぎや二の腕の筋肉を鍛えますが、無酸素といっても、呼吸を止めて運動するのではありません。たとえばスクワットでは、息を吐きながら腰を落とし、2、3秒静止、息を吸いながらゆっくり腰を上げる、上げきらない状態で静止、これを30秒間繰り返します。

無酸素運動では、33秒で筋肉中に乳酸が満杯になります。このため、運動の時間を30秒でやめるのです。間に有酸素運動を行うと、乳酸が酸素によってエネルギー変換しますので、疲れを残さず筋肉やミトコンドリアを増やすことができます。

Share on Facebook