加圧トレーニング

2012-12-11



加圧トレーニングとは、ベルトで腕や脚の付け根を締め付けて運動するものです。締め付けによって血流量が制限され、軽い負荷でも大きな効果が得られるといいます。そのため、通常の筋トレだと2時間かかるところ、30分ほどで同レベルの鍛え方ができるのです。

血流が制限されると、筋肉が低酸素状態になり、乳酸が大量に溜まってきます。これを回復させるために、大量の成長ホルモンが分泌されます。軽い負荷でも、筋肉が大きく鍛えられるのはこのためです。また、低負荷のため筋肉の損傷も少なく、回復にかかる時間も短くて済みます。

トレーニングが低負荷で短時間で済み、しかも短期間で効果が出るため、人気の筋トレとなっています。加圧トレーニングでは、成長ホルモンが大量に出るため、脂肪の燃焼も促進され、またアンチエイジング効果も大きいようです。ただし、インストラクターの正しい指導の下で行うことが重要です。

Share on Facebook