有酸素運動

2012-12-11



有酸素運動というと思う浮かぶのは、ジョギングやウォーキングですが、ほかにも自転車をこいだり、階段の上り下り、入浴など、私たちは日常生活でもけっこう有酸素運動をしているものです。

脂肪は筋肉の中で燃焼されますが、その前に脂肪は分解されて脂肪酸の形になる必要があります。有酸素運動をすると、アドレナリンが分泌されその作用で脂肪の分解が促進されます。

その上、有酸素運動を続けると、心臓や肺の機能が高まります。その結果、血液循環がよくなって、酸素や栄養素が体中に行き渡ります。新陳代謝が活発になるため、筋肉の中で脂肪酸がよく燃焼するようになるのです。

また、動いた分消費カロリーを増やすことになり、消費カロリー>摂取カロリーの公式に貢献することになります。ダイエットの大敵、ストレスの解消にも有酸素運動は効果的です。筋肉をつけた上で楽しく行う有酸素運動は、ダイエット効果を高めます。


Share on Facebook