日常生活でできる運動

2012-12-11



交感神経が優位になるとアドレナリンが分泌され、脂肪が燃焼しやすくなります。ダラダラした生活では交感神経もダラけて、脂肪が溜まりやすくなります。テキパキした動きを心がけて、交感神経を活性化しましょう。

通勤中に
エレベータ、エスカレータを使わずなるべく歩きましょう。歩く時は背筋を伸ばして大股にすると、筋肉の動きが大きくなり消費エネルギーが増えます。

電車やバスで座っている時に、腹筋運動ができます。両膝を少し上げて、足を浮かせた状態をキープするだけです。立っている時は、吊り革を真下に引っぱる動作で二の腕を、かかとの上げ下げでふくらはぎを引き締めます。いずれも背筋を伸ばし、お腹に少し力を入れて行います。

家事の合間に
家事をする際も、立ったりしゃがんだりと意識的に体を大きく動かすと、消費エネルギーが増えます。洗濯物を干す時は、背中やお腹、二の腕を思いきり伸ばすチャンスです。

キッチンでは、シンクの端に両手を置いて、ゆっくり上半身を前に倒していく運動をすると、背中や腕の筋肉のストレッチ、トレーニングができます。シンクの前に立っている時は、爪先立ちやかかとの上げ下げで、ふくらはぎを引き締めましょう。


Share on Facebook