別腹のケーキ

2012-12-11



満腹の時でも、大好きなケーキは別腹といって食べられるものです。しかし満腹状態ですから、肝臓のグリコーゲンタンクは満杯です。このため、ケーキのブドウ糖はグリコーゲンタンクに納まらず、全て脂肪になってしまいます。

しょっちゅう間食を摂る人、飴などを口にしている人は、太りやすくなります。食べてばかりいると、常にグリコーゲンタンクが満杯状態ですから、食べたものはほとんど脂肪として蓄積してしまいます。同じ甘いものを食べるとしても、空腹になってから食べると、グリコーゲンタンクには空きがありますから、脂肪にはなりにくいのです。

また、空腹になると、膵臓はグルカゴンというホルモンを分泌します。グルカゴンには、グリコーゲンを分解して血液中に送り出すほか、脂肪を分解する働きがあります。この点からも、空腹感を感じてから食事をするほうが、脂肪は溜まりにくいことになります。

Share on Facebook