EGF徹底解剖23項目


EGFとは


美と健康に関心の高い女性であれば、一度は耳にしたことがあるEGF。
美肌に画期的な成分として、脚光を浴びています。
イー・ジー・エフとはそもそもどんなものなのでしょうか。
→続きはこちらから


EGFの力


私たちの体の細胞の表面には、細胞増殖因子の受け皿のような受容体があります。
増殖因子が受容体と結合すると
DNAの合成に関与するチロシンキナーゼという酵素を活性化し
→続きはこちらから


EGF配合の化粧品


EGFをはじめとする細胞増殖因子は
医療、美容分野で盛んに取り入れられています。
従来の美肌の考え方は、シミを作る外部要因を遮断する、できたシミを取り除く
→続きはこちらから



皮膚の構造を知ろう


私たちが大切にしている肌、皮膚はいったいどういう構造になっていて
どういう働きをしているのでしょうか
→続きはこちらから


肌老化の原因


お肌の悩みは、シミやクスミ、シワやタルミ
乾燥肌、ニキビ、吹き出物といろいろで
歳とともに悩みは深くなっていきますね。
→続きはこちらから


EGF配合化粧品


美容成分として化粧品への配合が認可されて以来
EGF配合のスキンケア化粧品が脚光を浴びています。
EGFは肌への浸透性が高く、ほかの美容成分を阻害することがありません。
→続きはこちらから


EGF化粧品と美肌


歳とともに深まるお肌の悩みを解消し
美肌を取り戻したいという人に
EGF化粧品は大変な人気を得ています
→続きはこちらから


EGFの相乗効果と濃度


メーカー各社から販売されているEGF配合化粧品ですが
選ぶ際に気をつけたいことがあります。
それによって、EGF効果をより高めることができるのです。
→続きはこちらから


EGFの浸透力


さらに気をつけたいのは、お肌への浸透力です。
コラーゲンやヒアルロン酸といった他の美容成分と同様に
せっかく肌に塗っても
→続きはこちらから


シミ・ソバカス・くすみ


お肌の悩みの中で、シミ・ソバカス・クスミは特に
肌のターンオーバーを回復することで顕著な改善が見られます。
EGFは皮膚の上皮細胞の再生を促進し血行を良くしますので
→続きはこちらから


シワ・たるみ


肌の再生能力を高めるEGFは
当然ながらシワやタルミの改善にも効果を発揮します。
皮膚の各層の細胞分裂が活性化するとともに
→続きはこちらから


乾燥肌


季節を問わず常に乾燥した環境にいる現代人は
乾燥肌で悩む人も多くなっています。
乾燥肌にもEGFは効果的に作用します
→続きはこちらから


ニキビと吹き出物


思春期の頃のニキビのほかに、大人ニキビもよく聞かれる悩みです。
ニキビは、過剰になった皮脂が毛穴に詰まり
アクネ菌が繁殖してできるものですね。
→続きはこちらから


発毛・育毛


EGFの細胞再生力を利用した、EGF配合の育毛発毛剤も登場しています。
毛髪の発毛と成長は、毛根部の毛母細胞が分裂を繰り返すことで行われます。
この細胞が衰えると、髪の毛は成長が遅くなり
→続きはこちらから



副作用について


EGFによって肌細胞の再生が2.84倍もアップした
という驚異的な臨床試験結果のせいでしょうか。
あまりに効果がありすぎるものの常として
→続きはこちらから


発がん性について


EGFの副作用の心配の中で最も多いのは、発ガン性のようです。
しかし、EGFに発がん性があるという検証データはこれまで出ていません。
また、EGFは長い間
→続きはこちらから


さまざまな増殖因子


EGFは上皮細胞増殖因子のことですが、私たちの体の各組織には
ほかにもさまざまな増殖因子(GF=Growth Factor)があります。
増殖因子は成長因子、グロスファクターなどと表されることもあります。
→続きはこちらから


EGFとFGF


特に肌細胞へ大きな影響を与えるものとして
肌の表皮細胞を新生させるEGF(上皮細胞増殖因子)
真皮の線維芽細胞を増殖させるFGF(線維芽細胞増殖因子)があります。
→続きはこちらから


IGFとKGFの作用


IGF(インシュリン様増殖因子)は
構造がインシュリンと似ているためインシュリンと同じ作用をするほかに
細胞分裂促進の働きがあります。
→続きはこちらから



その他の増殖因子


PDGF(血小板由来増殖因子)は主に
血液が凝固する時に血小板が壊れ、その時に分泌されます。
このように組織が傷つくと放出されて、細胞分裂を促進して組織を修復します。
→続きはこちらから


肌の若返りには


では、肌の若返りを目的とした場合
どの細胞増殖因子が最も効果的なのでしょうか。
肌にはいくつかの細胞の層があります。
→続きはこちらから


EGFと唾液の豆知識


EGFは唾液にも含まれています。
動物が傷口をなめて治すのは、実に理に適っているわけですね。
唾液は消化を助けるだけではないのです。
→続きはこちらから


プラセンタと増殖因子


アンチエイジング対策として、プラセンタは有名ですね。
プラセンタは、ミネラルやビタミン、アミノ酸、タンパク質
糖類、核酸、酵素など、人間の健康に必要な栄養素の宝庫です。
→続きはこちらから

Share on Facebook