EGFとは

2012-12-11



美と健康に関心の高い女性であれば、一度は耳にしたことがあるEGF。
美肌に画期的な成分として、脚光を浴びています。
イー・ジー・エフとはそもそもどんなものなのでしょうか。

EGFは、正式名称を
エピダーマル・グロス・ファクター(Epidermal Growth Factor)といいます。
ヒト(human)をつけてhEGFとも表します。
私たちの体内には、細胞の増殖を促進する増殖因子がたくさんありますが
EGFはその一つで、上皮細胞増殖因子のことです。
つまり、EGFは皮膚細胞の再生を促進する成分なのです。

EGFは、血小板から分泌されるたんぱく質の1種で、53個のアミノ酸で形成されています。
EGFは1962年、アメリカのスタンレー・コーエン博士によって発見され
1986年にノーベル賞の生理学医学賞を受賞しています。
日本では2005年秋に、厚生労働省から化粧品使用の認可がおりています。

当初はヤケドの皮膚再生の治療に使用されていましたが
1グラム8000万円という途方もなく高額なものでした。
以来十数年、遺伝子工学の発展によって大量生産が可能になり
ようやく一般のスキンケアに利用できる価格になったのです。

Share on Facebook