ニキビ・吹き出物

2012-12-11



思春期の頃のニキビのほかに、大人ニキビもよく聞かれる悩みです。
ニキビは、過剰になった皮脂が毛穴に詰まり
アクネ菌が繁殖してできるものですね。

皮脂が増える原因には
ホルモンや脂肪過多の食事、ストレスや睡眠不足などさまざまあります。
ひどいニキビでは、ニキビ跡が大きなお肌の悩みになります。

にきびの治療には、食事や生活習慣を見直したり
清潔を心掛けることが必要ですが
皮膚細胞の新陳代謝を活発にすることも大切です。
古い角質が蓄積されると毛穴を塞いでしまい
皮脂が外に出ることができずに詰まってしまいます。
ですので、ニキビを作らないためには
角質層が速やかに生まれ変わる必要があるのです。

新しい皮膚細胞がどんどん作られるようになると
ニキビを作らないだけでなく、ニキビ跡も改善していきます。
EGFはもともと、やけどの皮膚移植の治療に使われていたものです。
ダメージを受けた皮膚の再生には実績があります。
正常化した肌のターンオーバーによって
ニキビ跡の色素沈着も解消されていきます。

Share on Facebook