さまざまな増殖因子

2012-12-11



EGFは上皮細胞増殖因子のことですが、私たちの体の各組織には
ほかにもさまざまな増殖因子(GF=Growth Factor)があります。
増殖因子は成長因子、グロスファクターなどと表されることもあります。
1962年に初めてEGFが発見されてから現在まで
100種以上の増殖因子が存在することが分っています。

これら増殖因子は、それぞれの組織の細胞増殖に関わっています。
主なものに
EGF(上皮細胞増殖因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、IGF(インシュリン様増殖因子)
が挙げられます。

増殖因子は、ほかにこのようなものがあります。
PDGF(血小板由来増殖因子)
KGF(ケラチノサイト増殖因子)
NGF(神経細胞増殖因子)
血管内皮増殖因子(VEGF)
肝細胞増殖因子(HGF)
形質転換増殖因子(TGF)
チオレドキシン(TRX)
コロニー形成刺激因子(CSF)など
実にさまざまですが、名前から、主にどの組織に作用するかが分りますね

Share on Facebook