EGFとFGF

2012-12-11



特に肌細胞へ大きな影響を与えるものとして
肌の表皮細胞を新生させるEGF(上皮細胞増殖因子)
真皮の線維芽細胞を増殖させるFGF(線維芽細胞増殖因子)があります。

まずEGF(上皮細胞増殖因子)は
主に上皮細胞の増殖を活性化する働きがあります。
それによって真皮や皮下組織の血流を改善するため
コラーゲンの生成を促進することにも繋がります。
これによって、肌質やシワ、シミの改善、美白、血色を
良くするといった美容効果があります。

FGF(線維芽細胞増殖因子)は、皮膚の真皮層にある線維芽細胞に働きかけます。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は線維芽細胞によって作られます。
FGFは線維芽細胞の分裂を促進し、コラーゲンなどの生成を増やし
シワやタルミの改善に大きな効果を発揮してくれます。

FGFは肌のハリや弾力を取り戻すほか
創傷治癒やニキビ痕の治療などにも使用されています。
EGFと併用することで、より効果が高まります。


Share on Facebook