PDGF、NGF、VEGF、HGF、TGFの作用

2012-12-11



PDGF(血小板由来増殖因子)は主に
血液が凝固する時に血小板が壊れ、その時に分泌されます。
このように組織が傷つくと放出されて、細胞分裂を促進して組織を修復します。

また上皮細胞の分裂を促進し
コラーゲンの生成や皮膚の炎症を抑制する働きもあります。
ただしこの働きは、EGFやIGFと一緒でないと行われません。

NGF(神経細胞増殖因子)は、神経細胞の増殖に関わります。
知覚神経や自律神経の老化を防ぎますので
肉体や精神の健康に重要な働きを持ちます。

VEGF(血管内皮増殖因子)は、新たな血管を作り出したり
血管内皮の細胞を増殖したりします。

HGF(肝細胞増殖因子)は、傷んだ肝細胞を新生させ活性化して
健康の要である肝臓の老化を防ぎます。

TGF(形質転換増殖因子)は、線維芽細胞の形質転換を促進するほかに
細胞分裂にも密接に関与します。
形質転換とは、細胞が外からDNAを取り込んで遺伝的性質を変えることです。

Share on Facebook